マッキントッシュ アンプ

ガラスパネルの気泡の修理

マッキントッシュのフロントパネルは経年劣化により、剥離(気泡が入る)し易い状態になっているものが多いです
ガラスパネルの裏面は、黒くペイントされ、あるいは黒いフィルムが張り付けられていますが、経年により浮いてきます
ガラス裏面に少し触れるだけで、剥離する場合もあります
特にヘッドフォンジャックやつまみの周り、ガラスの端の部分から浮いてくることが多いように思います

剥離を修理したケースを紹介いたします

マッキントッシュ MC2105 ケース1

左右の両端の箇所に剥離が見られます

マッキントッシュMC2105 フロントパネル修理1

修復後の状態です。
見てもほとんど分からない状態に修復できました

マッキントッシュMC2105 フロントパネル修理2

マッキントッシュ MC2105 ケース2

ヘッドフォンジャック回りに剥離が見られます

マッキントッシュMC2105 フロントパネル修理3

修復後のヘッドフォンジャックの部分をクローズアップした写真です

マッキントッシュMC2105 フロントパネル修理4

こちらもきれいに修復できました

マッキントッシュMC2105 フロントパネル修理5

マッキントッシュ C26

プッシュボタンスイッチ回りに剥離が見られます
ベゼルで隠れる部分ですが、ベゼルで隠れきれない剥離の箇所がありましたので、
ベゼルを取り外した上で、気泡の修理を行いました
ガラスのエッジの部分は、剥離し易い箇所です

マッキントッシュC26 フロントパネル修理6

修復後の写真です

マッキントッシュMC2105 フロントパネル修理7

マッキントッシュ気泡の修理について

剥離の修復に使用する塗料は適切なものを選んでいます
修復にはフロントパネルの脱着が必要になります。またガラス周辺のパーツの取り外しが必要になる場合もあります
できれば、新品のフロントパネルに交換する方が良いのですが、新品のフロントパネルが入手不可の場合があります

剥離の修理は、アンプの修理あるいはオーバーホールのご依頼をいただく際に合わせてご依頼ください

読んでいただいたご感想やご質問など下のフォームから気軽にお寄せ下さい。
ヴィンテージオーディオ堂からもレスポンスを返します。

方法は簡単です。名前(ニックネーム)とコメントを入力し送信ボタンをクリックしていただくだけです。

コメントを残す