マッキントッシュ アンプ

MC2105 スピーカーターミナルの割れ

マッキントッシュMC2105など、マッキントッシュのヴィンテージ時代のパワーアンプに太めのスピーカーケーブルを接続したい、とのお客様からご希望を聞くことがあります。
また、アンプのSPターミナルの障壁が割れているものをよく見かけます。
(写真では分かりにくいですが、上のスピーカーターミナルの障壁が割れています。)

mc2105_sp1.gif

マッキントッシュのアンプのスピーカーターミナルの割れの原因

太いスピーカーケーブルにY端子などを取り付ける場合、Y端子のサイズも大きいものになります。
Y端子は、スピーカーのインピーダンスに合わせて、スピーカーターミナルの特定の箇所にネジ止めをします。Y端子の幅がスピーカーターミナルの端子の幅に入ることを確認し、ネジを締め付けます。
よく見ると、スピーカーターミナルの端子の幅は、根本に向かって狭くなっていることが分かります。
それに気が付かずにネジを締め付けることで、端子の障壁の根本に負担がかかり、障壁が割れてしまいます。

スピーカーターミナルの障壁が割れることで起こる問題

スピーカーターミナルの障壁が割れていると、スピーカーケーブル取り付け時に、隣の端子に触れてしまう危険があります。
とくに、裸ケーブルをそのままネジ留される場合は、要注意です。より線の先端がうまく束ねられずに、細い線が1本出ていることに気が付かず、それが隣の端子に接触すると、ショートします。

お客様のMC2105用に制作

オーバーホールのご依頼をいただいたお客様のMC2105のスピーカーターミナルの障壁も割れており、お聞きすると、太目のケーブルをお使いとのことでした。
また、MC2105のスピーカーターミナルのケーブル取り付け金具は小さいためケーブルをうまく締め付けることがやりにくい、またケーブルの先端処理も難しいとのことでした。

ヴィンテージオーディオ堂で、Y端子を用意し、お客様がお使いスピーカーケーブルをお預かりし、取り付け加工いたしました。Y端子とスピーカーケーブルは半田付け処理し、接点はガッチリと接続されます。Y端子はロジウムメッキ製の品質の高いものです。
MC2105とスピーカーケーブルの接続は確かになり、見た目も良く仕上がっています。

mc2105_sp.gif

また、ケーブルのアンプ側とスピーカー側に赤と白で色分けしたシュリンク処理をし、スピーカーケーブルのRchとLchの区別が分かりやすいように工夫いたしました。

MC2105についての使用上のアドバイスさせていただいたこと

MC2105の メーターレンジ -20 に合わせて 電源のon off を行うと、
突入電流により、メータが振り切れることがあると思います。
メータの機械部にあまりよくありませんので、
できれば-10に合わせていただきまして、on off を行っていただく方が良いように思います。

ヴィンテージオーディオ堂では、オーディオ機器のご購入、メンテナンスをご依頼いただいたお客様とのコミュニケーションを大切にし、機器をお使いの環境を想像しながら、問題点の解決、あるいはより良くオーディオ機器をお使いいただくためのサポートをさせていただいてます。

読んでいただいたご感想やご質問など下のフォームから気軽にお寄せ下さい。
ヴィンテージオーディオ堂からこちらへの書き込み、あるいはEメールにて返答いたします。

方法は簡単です。名前(ニックネーム)とコメントを入力し送信ボタンをクリックしていただくだけです。

“MC2105 スピーカーターミナルの割れ” への1件のコメント

  1. 塚原 昭美 より:

    実は、私も全く同じ問題を抱えております。MC2105/
    C26 のセットで、40年ほど使用しております。
    モンスターケーブルを繋ぐため、ターミナルのネジを締めすぎた結果、ネジ穴がバカになってしまい、やむを得ないのでターミナル内部のケーブルを外側にまで引っ張り出し、そこにケーブルを直接半田付けする、という無茶な方法で使用しています。本来は、MC2105 から C26へSP出力を戻して、C26の SP cable端子から SP へ、という流れなのでしょうが、出力を入れたり出したり引き回す、というのは、なにか 精神的にスッキリしない気がして…。この点、直接 SP へ接続、と、C26 経由でと、どちらが正しい(?)のでしょうか? 教えて頂ければ幸いです。
    また、この オリジナルの SP端子がどうも嫌いな私としては、いっそのこと、これを取り払って、別のバナナがささるような堅固な端子に取り替えてしまう、ということを夢想しているのですが、そのような改造はやっていただけるものなのでしょうか?
    ついでに、別件なのですが、私の機器は、ヤマギワ電気が輸入元になっていた時代のもので、米国仕様の117V品です。かっては昇圧トランスを使用していたのですが、かすかな唸り音が気になり、100V 直結で使用しております。
    この点でも、McIn の電源トランスの一時側コイルから100V 用タップを取り出す、というような改造はできないものでしょうか?
    御社のこのサイトは、もう長年読ませていただいていて、とても信頼感がある印象を持っております。
    うちの機器も、もう色々手を入れる必要がある時期になってきていますので、今後何かとお世話になることと思っています。よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。