マッキントッシュ アンプ

C32やMC2255のフロントパネルのベゼルの塗り直し

マッキントッシュのアンプには、C32やMC2255のようにフロントパネルにプラスチック製のベゼルが取り付けられてある機種があります

経年劣化により、ベゼルの縁の金色の塗料が剥がれ、下地が見えているものが多くあります

マッキントッシュC34V ガラスパネルベゼル

音響や電気に関することだけではなく、ベゼルの塗料の手直しも行います
マッキントッシュのアンプは、その見た目も楽しみの一つですので、見た目もきれいに仕上げたいと考えています

先ほどのベゼルを仕上げた後の写真です

マッキントッシュC34V ガラスパネルベゼル

マッキントッシュC34V ガラスパネルベゼル

マッキントッシュC34V ガラスパネルベゼル

マッキントッシュC34V ガラスパネルベゼル

こちらのベゼルは、艦船模型を数十年間作り続けてきたスタッフが丁寧に作業しました
塗料の選択、マスキング仕方、仕上げ
それぞれの工程において、適切なやり方があります

ヴィンテージオーディオ堂では、仕事の幅を自ら決めず、私たちができることは精一杯取り組ませていただきます

読んでいただいたご感想やご質問など下のフォームから気軽にお寄せ下さい。
ヴィンテージオーディオ堂からもレスポンスを返します。

方法は簡単です。名前(ニックネーム)とコメントを入力し送信ボタンをクリックしていただくだけです。

“C32やMC2255のフロントパネルのベゼルの塗り直し” への2件のフィードバック

  1. 加藤秦明 より:

    C32の既存ベゼルの剥がし方を教えて頂けますでしょうか?又私の所有しているC32のベゼル縁はシルバーですが、ゴールドの縁を見かけますが2種類あるのでしょうか?

    • ヴィンテージオーディオ堂 より:

      マッキントッシュ C32のベゼルの取り外しに関しまして、ガラス面とベゼルの裏面はブチルゴムのようなもと粘着剤で接着されています。ブチルゴムに刃物を入れて、ベゼルとフロントパネルを分離します。相応の技術が必要になります。ベゼルが割れる、ベゼルに傷が入る恐れがありますので、作業をご依頼いただくことをお勧めしたいと思います
      また、ベゼルを取り外したガラスパネルは、普通は再利用できない状態になります

コメントを残す