マッキントッシュ アンプ

マッキントッシュ C29 MC2125の使い方

修理オーバーホールでお預かりしましたマッキントッシュC29に関しまして、
turntalbe コンセントにパワーアンプなど大きな出力の出る機器を接続したと思われ、outlet電源の回路のトランジスタが破壊されていました。
C29、お使いになられているパワーアンプMC2125に関しまして、気が付いたことを記します。
メンテナンス完了後に、お客様にお伝えしました内容と同様のものです。
ヴィンテージオーディオ堂では、オーディオ機器のメンテナンス、販売とあわせて、情報の提供、お客様のサポートを大切にしています。

お持ちのオーディオ機器の接続方法のアドバイス

接続機器

レコードプレイヤー MMカートリッジ
プリアンプ C29
パワーアンプ McIntosh MC2125
ALTEC 620B(スピーカーユニット604-8H)

接続方法

レコードプレイヤー

C29
phono1 (あるいは phono2 に入力)
GND端子にレコードプレイヤーからのアース線を接続

C29 の out puts main out 1(あるいは2)を

MC2125 の input に接続

MC2125 の 8オーム com を

ALTEC 620B のスピーカー端子に接続

マッキントッシュ MC2125 の使い方

電源のon/offの前に、speakerスイッチをoffにする
電源のon/offの前に、meter rangeスイッチを 0DB又はWATTにしておくと、電源のon/offの際にメーターが振れすぎないので良い。
電源のon/offの前に、gain を下げておく。

マッキントッシュ C29 の使い方

電源のon/offの前に、volume を下げておく。
input selector はphono1に合わせる
treble loudness bass balance はまずはフラットの状態でお聞きください。

背面のturntalbe auto/manual スイッチは、manualの状態のままにしてください。
switched コンセント、turntable コンセント は使わず、直接100V電源を供給してください。
※turntalbe コンセントにturntable以外の出力の大きな機器を接続するとC29が故障する可能性があります。
C29は100V仕様です。

お客様からのお返事でいただいたご質問

メーターレンジで通常どの位置で駆動すればよいのか分からない。
C29に合うパワーアンプはどのような物が良いのか。
とりあえずマッキントッシュを中心に考えてみたい。

ヴィンテージオーディオ堂からの返答

MC2125のメーターレンジは、watts をお勧めいたします。
・デシベルの場合、メーター針はほとんど動かないと思います。
・また、マッキントッシュのメーターは非常に感度が良いので、メーターの動きを見てお楽しみいただけると思います。
・デシベルでは、突入電流でメーターが振り切ることがありますので、メーターの機械部に良くありません。
C29にはMC2205の組み合わせも良いように思います。

読んでいただいたご感想やご質問など下のフォームから気軽にお寄せ下さい。
ヴィンテージオーディオ堂からこちらへの書き込み、あるいはEメールにて返答いたします。

方法は簡単です。名前(ニックネーム)とコメントを入力し送信ボタンをクリックしていただくだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。