マッキントッシュ アンプ

マッキントッシュ C28 メンテナンス後のご相談

マッキントッシュC28のヴォリュームスイッチの交換、メンテナンスをさせていただいたお客様にC28をお返しした直後にC28の片chから音が出ないとご連絡をいただきました

C28の修理内容
メイン音量VRのRch.が劣化し、使えない(14時半まで音量を上げないと使えない)
⇒ヴォリュームスイッチの交換
バランスVR、入力切替SW、モードセレクタSW、等に接点復活剤?等が多量に残っており接点の洗浄と修正が必要
⇒各スイッチ、ヴォリュームの洗浄、接点の修正
イルミネーションランプが1つ欠品、1つが割れていた
⇒イルミネーションランプと交換

メンテナンス完了後、2週間の動作確認と計器での測定は正常であることを確認し、お客様にC28をお返ししました

マッキントッシュ C28 Left channelの音が全くでない、との連絡を受ける

「Left Channelの音が全く出ない。修理完了後にLeft&Rightの両ChannelのTestはしましたか
Main ampには問題はないので、再度のCheckと修理をお願いすることになります」
とのご連絡を受けました

ヴィンテージオーディオ堂では、修理・メンテナンス後のご相談にもしっかりと対応いたします

不具合の原因を特定するために、左右のピンケーブルの入れ替えなどを行い、症状がどのような変化するかをご確認をお願いしました

アンプ,スピーカー,プレイヤー,不具合箇所の判別

1 C28のMain output、またLine outputからメインアンプを通してスピーカーに接続したところ、左Channelの音がでない
2 C28のHeadphone端子にヘッドフォンを接続し、High level input端子にTune、また Tape1からラジオ(FMのTuner)音源を接続し、また、Low level input端子にRecord playerから音源を接続してヘッドフォンで聴いたところ、左channelは正常だが、右側は全く音が聞こえない

とのことでした

お客様に試していただいた内容

マッキントッシュC28の回路は、main out の後にヘッドフォン回路、Line out とヘッドフォンの回路(配線)は同じなので、Main outputからの出力とヘッドフォンからの出力で、不具合が左右入れ替わるのは変です

そこで、ヘッドフォンが奥までしっかり刺さっているか
C28のbalanceの右側を下げると、ヘッドフォンの左側の音量が下がる状態になっていないか
をご確認いただきました

ヘッドフォンジャックは、先っぽがLch,軸側がRchの接点になっています
プラグが奥まで刺さっていないと、プラグ側の先端(Lch)がジャック側のRchの接することになり、Lchの音がヘッドフォンのRchから聴こえます
この場合、ヘッドフォンのLchからは音が聴こえません

ヘッドフォンジャックの接点の仕組み

マッキントッシュ C28から左右とも問題なく音が出るようになったとのご連絡

ヘッドフォンジャックが奥まで差し込まれていなかったようです
また、ピンジャックを差し直したことで、スピーカーからも左右問題なく音が出るようになりました
特にビンテージアンプに関しましては、ピンジャックのメッキが剥げていない場合でも、ピンプラグとピンジャックの相性のようなものがありますので、
ピンプラグを差し直すことで改善することが時々あります

ヴィンテージオーディオ堂のコメント

オーディオ機器は、ちょっとした事が原因で不具合が出ます
不具合があるときは、手順を追って、原因を確かめることが大切です

機器をお預かりしてこちらで確かめさせていただくこともできますが、
不具合原因がお客様のご自宅の環境、あるいは他の機器にあることもありますので、まずはお客様と一緒になって不具合原因の特定をさせていただいています

お客様からお手紙をいただきました

マッキントッシュ C28のお客様からお手紙をいただきました。お客様のご意見は非常に参考になり、励みにもなります。ありがとうございます

マッキントッシュ C-28メンテナンス お客様からのお手紙

読んでいただいたご感想やご質問など下のフォームから気軽にお寄せ下さい。
ヴィンテージオーディオ堂からもレスポンスを返します。

方法は簡単です。名前(ニックネーム)とコメントを入力し送信ボタンをクリックしていただくだけです。

コメントを残す