マッキントッシュ アンプ

接点復活剤の影響

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0

ヴィンテージのマッキントッシュのアンプにはヴォリュームにガリが出ることがあります。

接点洗浄剤を使い丁寧に清掃を行うとガリが少なくなります、場合によっては取り除かれることもあります。
しかし、接点復活剤の使用はお勧めできません。

接点復活剤は金属に使用する目的の強い化学薬品です。金属部分を磨くには良いと思います。
しかし、ボリュームに吹き付けると接点復活剤が内部に残り、ヴォリュームのカーボンが変質したり荒れることがあります。
一時的にはガリがなくなるかもしれませんが、長期的には接点復活剤を吹き付けたことが原因でガリが発生する可能性があります。

ヴォリュームを完全に分解し金属部分のみに使う方法、または接点復活剤をきれいに拭き取る方法も考えられますが、経年によりヴォリュームの内部のパーツが劣化しているものが多いです。
ボリュームの内部のパーツは小さなパーツですので簡単に破損することがありますので高いリスクを伴います。将来のことを考えるとヴォリュームの交換をする方が良いように思います。

接点復活剤はガリがひどくどうしようもない場合でのみのご使用をお願い致します。

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0

読んでいただいたご感想やご質問など下のフォームから気軽にお寄せ下さい。
ヴィンテージオーディオ堂からもレスポンスを返します。

方法は簡単です。名前(ニックネーム)とコメントを入力し送信ボタンをクリックしていただくだけです。

コメントを残す