マッキントッシュ アンプ

MC7270 電源スイッチを入れるタイミング

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0

パワーアンプのゲインを最大にしたまま、パワーアンプとプリアンプの
電源をほぼ同時に入れると、電源投入時の過渡的なノイズが伝わって
悪影響を及ぼす可能性があります。
(スピーカー、MC7270のパワートランジスタ)

パワーアンプのゲインを絞って電源を入れるのも良いですが、
パワーアンプのゲインはいつも聴取時の位置にしておいて、次のような
手順で電源を入れることもできます。
プリアンプのボリュームを絞って、プリアンプの電源を入れる。
10秒くらい待ってパワーアンプの電源を入れる。
(プリアンプが安定した状態でボリュームを絞っておけば、
パワーアンプのゲインを絞っているのと同じで、パワーアンプに
ノイズや信号が伝わるのを防ぐことができると考えます)

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0

読んでいただいたご感想やご質問など下のフォームから気軽にお寄せ下さい。
ヴィンテージオーディオ堂からもレスポンスを返します。

方法は簡単です。名前(ニックネーム)とコメントを入力し送信ボタンをクリックしていただくだけです。

コメントを残す