マッキントッシュ アンプ

117V用のアンプを100Vで使用した場合の影響

正規品であるかどうかに関わらず、ヴィンテージ品のマッキントッシュアンプは117V仕様です。
117V仕様のアンプをそのまま日本のコンセント100Vで使用した場合の影響についてよくお問い合わせをいただきます。

電圧を確保しなければならないところ(パワーガードのオペアンプとか)は定電圧化されているようなので、問題なく動作すると思いますが、それ以外は全般的に電圧が低下しますので、増幅できる電圧が低下します。

メインアンプでは所定の出力電力よりも低い出力しか得られなくなります。
プリアンプでは、最大出力電圧が下がりますし、入力の許容電圧も下がります。

ただ、人の耳でそれを聞き分けられるかどうかは個人差に寄ると思います。

読んでいただいたご感想やご質問など下のフォームから気軽にお寄せ下さい。
ヴィンテージオーディオ堂からもレスポンスを返します。

方法は簡単です。名前(ニックネーム)とコメントを入力し送信ボタンをクリックしていただくだけです。

コメントを残す