マッキントッシュ アンプ

マッキントッシュMC7270|電源用ロータリースイッチ交換

マッキントッシュMC7270の電源用ロータリースイッチを交換しました

MC7270の電源用のロータリースイッチの故障が多いように思いますので、MC7270の電源の使用に関する留意点を記します

 ・電源をオンにした際の突入電流を抑えるためにサーミスタが用いられています。
  サーミスタは常温では数Ω~数十オームの抵抗があって電流を制限しますが、
  電流が流れ始めて温度が上昇すると抵抗値が小さくなり、動作中はAC100Vが
  トランスにロスなく供給されるようになています。
  電源をオフにしてもすぐには温度が下がらないので、電源をオフにしてすぐオンに
  するとサーミスタの抵抗が小さいままのため大きな突入電流が流れます。
  電源スイッチを傷めないためにも、オフにしてから次にオンにするまで5分くらいは
  時間を置くようにしてください。

読んでいただいたご感想やご質問など下のフォームから気軽にお寄せ下さい。
ヴィンテージオーディオ堂からもレスポンスを返します。

方法は簡単です。名前(ニックネーム)とコメントを入力し送信ボタンをクリックしていただくだけです。

コメントを残す