マッキントッシュ アンプ

マッキントッシュ C26のスピーカー切り替えスイッチ

一般的にプリアンプの基本的な機能としては、

・フォノ入力をイコライズしてハイレベルまで増幅する。
・いくつかの入力ソースを切り替えできる。
・ボリューム調整できる。
・左右のバランス調整できる。
・トーンコントロール(+ラウドネス)調整できる。
・フィルター(特にサブソニック)入切できる。

くらいが挙げられると思います。

C26の特徴としましては、スピーカー出力が装備されています。使い方を紹介します。

【メインアンプとの繋ぎ方】
メインアンプのスピーカー出力→C26のamplifier output

【スピーカーとの繋ぎ方】
remote speaker →スピーカーへ
main speaker →スピーカーへ

【想定されている使用方法】
スピーカーの切り替えを行いたい場合にこのような繋ぎ方をします。
例えば、remote speakerの方はヴィンテージスピーカーを、main speakerの方は最近のスピーカーを繋ぐといった具合です。
切り替え方法は、パネルにあるプッシュスイッチで切替えます。

例えばMC2505にはスピーカーの切り替えスイッチがありませんので、複数のスピーカーを切替えて使う際に便利です。
remote speaker と main speakerの端子はそのような使い方が想定されたものだと思います。

ただプッシュボタンで直接切り替えを行うようになっていますが、出力が大きい場合は注意が必要です。仮に出力が200Wですと、8オームで40V-5A、4オームで28V-7Aですからプッシュボタンで直接ON-OFFするのは厳しいかと思います。

読んでいただいたご感想やご質問など下のフォームから気軽にお寄せ下さい。
ヴィンテージオーディオ堂からもレスポンスを返します。

方法は簡単です。名前(ニックネーム)とコメントを入力し送信ボタンをクリックしていただくだけです。

コメントを残す