マッキントッシュ アンプ

マッキントッシュ C33 ご質問

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0

マッキントッシュ C33をご愛用のお客様からいただいたご質問内容です。

天板の所のツマミとスライドスイッチの使い方と右下側の2番目のコンパンダー等の使い方が分かりません。
JBL(UT-405)のウルトラツイーターを持っておりますがスピーカー(JBL4333A)と組み合わせて使用したいと考えております。アンプの追加、デバイダーの追加等方法を教えて下さい。



・コンパンダーは、カセットテープのようなダイナミックレンジの狭いメディアで録音再生する際に、主に使用される機能です。
録音する際はコンパンダーをREC側に入れてCOMPRESSにして圧縮し、再生する際はコンパンダーをLISTEN側に入れてEXPANDにして伸張して元に戻すような使い方になります。
・RATIOは圧縮伸張の度合いで、SPEEDは信号レベルが変化したときに圧縮伸張動作を追随させる早さになります。これらは圧縮時と伸張時で合わせておく必要があります。
・AUTO-ONはターンテーブル(レコードプレーヤー)のON/OFFに連動してC33をON/OFFする機能ですが、うまく連動しない場合にSENSITIVITYつまみで調整します。
・UT-405を追加する最も手軽な方法は、C33のモニターアンプの出力にフィルムコンデンサー(0.33μF)を介して接続することです。
ピンコードでOUTPUT1からモニターアンプのEXTINPUTに接続し、天板のモニターアンプのINPUT切り替えをEXTERNALにしておくと、プッシュボタンのOUTPUT1のON/OFFでUT-405の有無を聞き比べることができます。また天板のモニターアンプのGAINでUT-405の出力レベルを調整できます。

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0

読んでいただいたご感想やご質問など下のフォームから気軽にお寄せ下さい。
ヴィンテージオーディオ堂からもレスポンスを返します。

方法は簡単です。名前(ニックネーム)とコメントを入力し送信ボタンをクリックしていただくだけです。

コメントを残す