マッキントッシュ アンプ

マッキントッシュのアンプに適切なサイズのY端子(カルダス Cardas CCMS-S)

MC275,MC2105などヴィンテージマッキントッシュのメインアンプのスピーカーターミナルの各端子部の幅は狭いため、
少し太目のスピーカーケーブルを取り付ける場合など、Y端子を用いることが考えられます。
スピーカー端子の端子間の障壁を観察すると障壁はハの字のように下の方が幅広になっていて、端子部の幅は下の方が狭くなっています。
それに気が付かず端子部の上の方で寸法を合わせたY端子を取り付けようとして端子のネジを締め付けることでスピーカー端子の障壁が割れてしまいます。このような金メッキのL端子の取り付けのご相談をお受けすることがありますが、

マッキントッシュアンプ端子

このL端子はアンプ側のスピーカー端子部の上の方では問題なく入りますが、端子部の下の方ではL端子の方が幅広でスピーカー端子のネジを締め付けると端子間の障壁を圧迫して障壁が割れてしまいます。

詳細はこちらのページをご覧ください。
マッキントッシュMC2105 スピーカーターミナルの割れ

Y端子の選択の際は、端子の外寸と内寸がアンプ側の端子部に合うものを選ぶ必要があります。
また、スピーカーケーブルの太さに対してY端子のスピーカーケーブルの入り口の直径が適切であることも必要です。
アメリカのカルダス社のY端子CCMS-Sはヴィンテージのマッキントッシュのメインアンプのスピーカーターミナルに使いやすいY端子です。多少太目のSPケーブルにも適合します。
材質はロジウムメッキです。
端子部のメッキ処理の材質には好みがありますが、好みが合うようでしたらこちらの端子は良いように思います。
1点のみ(4個セット)在庫品がございます。価格は25,000円になります。

読んでいただいたご感想やご質問など下のフォームから気軽にお寄せ下さい。
ヴィンテージオーディオ堂からこちらへの書き込み、あるいはEメールにて返答いたします。

方法は簡単です。名前(ニックネーム)とコメントを入力し送信ボタンをクリックしていただくだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。