マッキントッシュ アンプ

クリーン電源・昇圧トランス

クリーン電源トランス製品を販売しています。
ハイファイオーディオ、ヴィンテージオーディオに最適な製品です。

初めて電源トランス製品をお使いになったお客様からも、ご好評をいただいてます。
お客様からのコメント
「初めて電源をいじりましたが、思ったより変化してびっくりしました。
バランス良く低音が良く出るようになり、クリアになりました。」

クリーン電源・昇圧トランス製品とクリーン電源・ダウントランス製品を提供しています。

クリーン電源を提供する背景は、
①デジタル機器、インバーター機器の普及により、電源にノイズが入り、電源環境が悪化していますが、
②特にヴィンテージ機器は、それ自体に電源ノイズ対策の回路が設計されていないので、電源から来るノイズ対策が必要になります。

また、大阪近郊のお客様には、ご家庭内のオーディオ専用の電源のコンサルティングと工事の提供が可能です。

クリーン電源・昇圧トランス製品について

ヴィンテージのマッキントッシュやマランツのアンプでは、アメリカ仕様の117V、120V仕様のものがほとんどです。
100V電源でも動作しますが、昇圧することで、アンプが持つ本来の特性が発揮され、音質が向上し、より音楽を楽しむことができます。
また、マッキントッシュのアンプでは、100V動作ではイルミネーションが随分暗く感じられますが、昇圧することで、マッキントッシュ本来のイルミネーションの明るさが表現されます。

製品の利点

大容量設計で電源を安定化します。また、アイソレーションで電源から入るノイズをカットします。
良い材料を使い、オーディオ用に最適な電源装置にしました。

①最大出力3KVA までの大容量設計が可能
②1次側電源に入った高周波ノイズをほぼ100パーセント除去できる
③コンデンサや抵抗が使わないため、ロスがなく音質の劣化がない
④半導体を使わないことで製品回路からもノイズを発生させない
(最近のオーディオ用電源装置は、半導体素子が使われています。)
⑤アメリカの電圧仕様のアンプでも、歪みなく最大出力まで出力され、アンプ本来の性能が発揮される
⑥大容量コアを用い、トランスのうなりを最小化
⑦内部の防音を重ねることで、トランスのうなりの漏れを防止

製品の性能、構造

①1次側 2次側アイソレーション
②最大出力1.5KVA~3KVA設計
③2次側昇圧(115V,120V)
④大容量コア、巻き線
⑤負荷レギュレーション3パーセント以内
⑥電源1次側ケーブルインレット ロック式
⑦プラグ、コンセント ホスピタルグレード
⑧専用アースターミナル
⑨ケーブル 3.5スケアの3芯
⑩2次側 昇圧 2口コンセント×2
⑪2次側 100V 2口コンセント×4
⑫重量 20~25KG
⑬安全ブレーカー

マッキントッシュ用クリーン電源、昇圧トランス

クリーン電源・ダウントランス製品について

リスニングルームにオーディオ専用の電源200Vを設けて、クリーン電源・ダウントランス製品を介して、アンプに接続します。

電源電圧100Vの環境では、1500KVAの制限を受けるため、最大出力の大きいアンプを接続する場合、不足を感じられます。
そのため、200Vの設備を整え、200Vから100V(あるいは海外の電圧)に落とします。また、この場合3000kVAの容量のものをお勧めしています。
当社のクリーン電源・ダウントランス製品を用いることで、とくに低域の押し不足感が解消します。

オーディオ専用電源の設計と工事

オーディオ専用の電源とアース取りの設計と工事のご依頼をお受けしています。
・オーディオ専用の電源設計
・資材の選択
・専用アース敷設
などのご相談をお受けしています。