マッキントッシュ アンプ

アンプのピンジャックの交換

ピンジャックの接点が悪くなっているアンプがよく見られます
長年の使用に伴い、ピンジャックの表面や内側が擦り減ります
特にLow Level(phono)は信号レベルが小さいので、接触不良が出やすいです

こちらの写真は、ピンジャックを全数交換したC28です

マッキントッシュC28 ピンジャック交換

金メッキは柔らかい素材ですので、ピンプラグ側が金メッキ以外だと、ピンプラグとピンジャックとの摩擦で金メッキが剥げてしまいます。
金メッキ端子は接点が良いので、接触抵抗が少なく、音質面にも良い影響があると思います。ピンジャック端子の電圧は非常に小さいので効果的と考えます。
好みの問題もありますので、シルバーメッキのものも準備しています。ヴィンテージアンプのオリジナルの端子は、接触抵抗が大きくなっていますので、シルバーメッキのピンジャックでも効果的です。

読んでいただいたご感想やご質問など下のフォームから気軽にお寄せ下さい。
ヴィンテージオーディオ堂からこちらへの書き込み、あるいはEメールにて返答いたします。

方法は簡単です。名前(ニックネーム)とコメントを入力し送信ボタンをクリックしていただくだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。