マッキントッシュ アンプ

マッキントッシュ C32 出力端子の使い分け

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0

1.MAIN OUT
  LISTEN側のインプットセレクタで選択された信号を出力。
  ふつうはこの出力をメインアンプにつなげて使う。

2.SWITCHED OUT (OUTPUT1 OUTPUT2)
  MAIN OUTと同じだが、フロントパネルのプッシュボタンが押されたときだけ出力される。
  メインアンプ(とスピーカー)を使い分けたいときに使用する。

3.LINE OUT
  LISTEN側のインプットセレクタで選択された信号を
  モニターアンプと抵抗を通して出力。
  別の部屋のメインアンプなど、長いピンコードを使ってつなぐときに使用する。
  モニターアンプを通しているので音質は良くない。

4.TAPE OUT
  RECORD側のインプットセレクタで選択された信号を出力。
  録音機器への出力なので、VOLUMEはじめLISTEN側の操作で信号は変化しない。

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0

読んでいただいたご感想やご質問など下のフォームから気軽にお寄せ下さい。
ヴィンテージオーディオ堂からもレスポンスを返します。

方法は簡単です。名前(ニックネーム)とコメントを入力し送信ボタンをクリックしていただくだけです。

コメントを残す