マッキントッシュ アンプ

真空管アンプのバイアス調整

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0

出力管を交換する場合は回路のバイアス調整が必要になります。

(但し、プッシュプルでないアンプやシングルのアンプ、マッキントッシュMC240のようにトランスと回路に工夫がされているアンプに関しましては、バイアス調整は必要ありません。)

真空管には個体差があるため、電流値が所定の値になるよう基盤側で調整する作業が必要になります。

具体的な作業としましては、計器を使い可変抵抗の調整を行います。

では、調整を行わないでアンプを使用した場合はどうなるか?

本来の音が出ません。

主に低域の特性が悪くなりますが、高域も悪くなります。きっちりと音楽を楽しむためにはバイアス調整を行うことをお勧めします。

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0

読んでいただいたご感想やご質問など下のフォームから気軽にお寄せ下さい。
ヴィンテージオーディオ堂からもレスポンスを返します。

方法は簡単です。名前(ニックネーム)とコメントを入力し送信ボタンをクリックしていただくだけです。

“真空管アンプのバイアス調整” への6件のフィードバック

  1. ねこみんち より:

    タケハラ様
    また少し日が経ってしまいました、m(__)m
    私の機は、ゴールドライオン現行ロシア製品を使用しました。
    アキバのアムトランスにて(他社書いて大丈夫かな?)ヒューズ飛びの原因追求と、全ての管の点検、それと、バイアス調整の依頼でしたが、この機はバイアス調整が出来ない物と判明し、改造にて調整可能にする予定でしたが、パワー管マッチで充分可能との事で、コスト的な事を考えパワー管のみの交換としました。アムトランスはとても良心的なお店で、特性8本マッチは、特に追加料金はありませんので、単価×8となりますが、入荷直ぐでないと8本マッチはなかなか難しく、予約にて少し時間が掛かりました。
    音質は、純正管とは比べ物にならない程の変化(良い)です。
    あと、個人的に試したい管としましては、タングソルの6550などです。

    その昔、かの有名なヴィンテージサウンドにもこの2102の相談したことがありますが、まず、自分の使っているパワー管の値を調べることが大切なのだそうです。
    個体そのものは、変えられないですが、真空管そのものの値を知る事で、どんな管でも、気軽に交換出来るとのことでした。
    それと、真空管アンプはトランジスターアンプに比べ、とてもタフなアンプなのだそうです。
    メーカーでの管の交換は、かなり高値だと販売店も言ってました。
    トランスなどを飛ばす前に、まずは真空管の値を知るのと、不良箇所だけでなく、交換は全数をお勧めします。

  2. タケハラ より:

    返信文が重なって表示しているので、再送信しました。
    ねこみんち 様
    返信して頂きありがとうございます。
    MC2102のパワー管の交換に関してネット上に情報が少なく、書き込みしていました。
    ゲッターが数本薄くなっているのでメーカーに問い合わせたら、
    オートバイアスではないので純正管に交換した場合でも調整は必要との回答でした。
    無調整で交換されている方も少数おられるようで、実際のところどうなのかな?と思っての書き込みでした。
    8本マッチは出費が大きく動作も問題ないので、未だためらっている処です。
    個体差なら試してみるしかないですね。
    お勧めの管がありましたら、参考にさせて下さい。

  3. タケハラ より:

    ねこみんち 様
    名前を間違えて書き込みしてしまいました。
    申し訳ありませんでした。

  4. ねこみんち より:

    たけはら様

    ガラス破損でたまたまサイトを覗いていて見つけたスレだったのですが、気になって一言。
    少し日が経っているので、解決済みでしたら悪しからず。

    このMC2102は、名目上オートバイアスとなっておりますが、パワー菅には8本マッチで選択されればどのメーカーでも差し換えが可能です。
    純正菅に関して、私の機はメーカーでは厳選で特性の揃ったパワー菅を使用とうたっておりますが、測定結果はあまり関心出来るものではなく、過電流でメインヒューズが飛び、保証期間内であったため修理依頼したのですが、異常無しのヒューズ交換のみで返って来ました。
    暫くそのまま使っていたのですが、その後8ヶ月でまた同じ症状になり保証期間外となってしまい、ヒューズと思いきって8本マッチのKT88を交換、以後はそのようなトラブルもなくなりました。
    プリ菅は、12AX7 AT7共にどのようなものでも差し換え可能ですが、V3Rの12AT7は、スタート時に少し高めに発光する様でしたら、交換はお勧め出来ません。飛びます。
    個体差があると思いますが、参考までに。

    • ねこみんち 様 より:

      返信して頂きありがとうございます。
      MC2102のパワー管の交換に関してネット上に情報が少なく、書き込みしていました。(忘れていました)
      ゲッターが数本薄くなっているのでメーカーに問い合わせたら、
      オートバイアスではないので純正管に交換した場合でも調整は必要との回答でした。
      無調整で交換されている方も少数おられるようで、実際のところどうなのかな?と思っての書き込みでした。
      8本マッチは出費が大きく動作も問題ないので、未だためらっている処です。
      個体差なら試してみるしかないですね。
      お勧めの管がありましたら、参考にさせて下さい。

  5. タケハラ より:

    マッキントッシュ MC2102 です。
    パワー管(純正KT88×8本)ですが、
    1.特性の近い管に交換した場合にも、調整は必要でしょうか?
    2.調整を行わず使用した場合、故障しますでしょうか?
    3・他の小型管の交換についてはどうでしょうか?

コメントを残す