マッキントッシュ アンプ

月に数台のみメンテナンスをお受け致します。

アンプの不具合症状は、お客様の機器によってそれぞれ異なっています。
アンプが作られた年代 メンテナンス歴、ご使用環境、不具合が生じた経緯など様々です。

まずは、不具合症状や悩みを気軽にお聞かせください。

特にヴィンテージアンプの修理・メンテナンスに関するお悩みをお待ちしております。
修理・メンテナンスやサポートを通して、お客様と長くお付合いでき、満足いただけるサービスを目指しています。

修理、メンテナンスのご依頼はこちら

お客様アンケートを掲載させていただいております。

アンプ,スピーカー,プレイヤー,ケーブル,不具合箇所の判別

スタッフ紹介,会社案内

メンテナンスでは基盤を取り外しハンダ付けの手直しを含め、全ての回路をチェック致します。

交換パーツは日本製、アメリカ製を使用致します。

マッキントッシュ本来の音質を大切にしたメンテナンスを行っております。

メンテナンスの様子をご覧下さい。

重量のあるアンプ、貴重なアンプもご安心下さい

メンテナンス実績のある50キロを超えるマッキントッシュの重量級アンプ
MC500、MC2600、MC2500、MC2300

アンプは重量のあるものが多く、メンテナンス作業は重労働でもあります。

  • アンプを作業台に載せる
  • 内部の確認とパーツの取替えにアンプを何度か引っ繰り返す
  • メンテナンスを終えた後は、音出しテストのために作業台からアンプを移動
  • アンプをお返しする際の梱包作業

比較的軽いアンプでも10キロ程度、重いアンプでは50キロを超えます。
無理な取扱いを行えば、アンプに余分な負担が掛かります。マッキントッシュのアンプは前面がガラスパネルのものが多く、負担による少しの歪でもガラスが割れてしまう事もあります。

ヴィンテージオーディオ堂は、複数人で運営しております。作業やアンプの移動にあたりましては、2、3人で行い、できるだけアンプに負担を掛けないように心掛けております。
また、梱包方法には、運送中の衝撃を想定した配慮を施します。

重量のあるアンプや貴重なアンプのご依頼も安心してお寄せ下さい。

マッキントッシュ重量級アンプのメンテナンス

高品質なヴィンテージアンプ

全商品オーバーホール済

劣化パーツを交換する理由は、潤いのある滑らかな本来のマッキントッシュの音質を愉しんでいただくためです。

ヴィンテージアンプにオリジナルを求めても劣化した音しか出ません。それは当時の音とは断然違うはずです。一度通電されたパーツは3,40年も経てば劣化してしまいます。

個々の機種で劣化する箇所は経験上熟知しており、必要な箇所は全てメンテナンス致します。

一先ず音がなるだけのアンプは提供致しません。丁寧な仕事にしかできないメンテナンスがあります。

1週間の動作確認テスト

マッキントッシュ 動作確認

十分な時間をかけて動作確認を行っております。

ヴィンテージアンプは最近のオーディオとは違い、普段は出ないが稀に出る不具合症状もあります。

このような症状も時間をかけてテストすることで発見することができます。

ヴィンテージ品だからという理由で妥協は致しません。

全商品保証書による12ヶ月保証

ヴィンテージオーディオ堂では保証制度を設け、万が一に不具合が出た場合は無償で修理致します。

最適なメンテナンスと十分な動作確認テストを行っています。

それでもヴィンテージアンプは、不具合が出る可能性は0パーセントにならないのが宿命です。

その証明として保証書をお付けしております。

個人宅はもちろん、喫茶店やBARでも安心してアンプをお使い下さい。